チラシデザイン やればできる子 | 少数派人生
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS
qrcode

少数派人生

Be a minority, always.
<< 数学をやると論理的思考力がつく・・・・わきゃねーだろ。 | main | MPMN >>
 スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

| - | | - | - |
 やればできる子
いっつも思うんだけど、Macのインターフェースは使いやすい、Windowsのインターフェースは糞って言う理由でWindowsを否定するマカー多いけどさ。
 
 
 
それって要するに、自分がWindowsを使いこなせませんでした!っていうことですよね?
 
 
 
自分の能力不足を堂々と宣言するのもどうなのよ、と思う。
 
 
まぁ確かに、既製品のくせに自作機並にストレスのない動作をするMacは非常によく出来たPCだと思うが、かといって僕は相変わらずWindowsのインターフェースが特に使いにくいと思ったこともない。
 
結局は慣れの問題、やる気の問題。
 
 

 
そもそもWindows搭載メーカーPCのインターフェースが糞なのはWindowsの問題ではなくメーカーの問題。
 
アップルが他と比べて優れたパソコンメーカーであることは認めるが、OSとしてWindowsより優れているとは思わないし、そういう主張はちょっと腹がたつ。
 
 
マイクロソフトはやればできる子、あなたのマイクロソフトがダメな子なのは単にあなたの調教不足です。
 

 
まぁ無駄にマシンスペックを食う傾向にあることは否定しないが、それはスペックをその分上げればいい話だしな。

| 雑感 | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| - | 04:29 | - | - |









http://harmis.jugem.jp/trackback/1283
LINKS
RECOMMEND
自殺自由法 (中公文庫)
自殺自由法 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
戸梶 圭太
「自殺自由法」が施行され、価値の無い人間がどんどん処理される日本を描く、もう最高に面白くて愉快な一冊。「全ての命には価値がある」とか思っているおめでたい人にほど勧めたい。
人格改造マニュアル
人格改造マニュアル (JUGEMレビュー »)
鶴見 済
完全自殺マニュアルの著者による、自殺する前に人格をポジティブ志向に改造してしまいましょう、という本。うつ病などに悩む人にも、そういう人を助けたいと思っているおせっかいさんにもお勧めのこの分野への入門書、だと僕は思う。クスリに始まり認知行動療法まで解説されている。ただしクスリ関係中心に情報が古くなっている箇所が随所にあるので注意。
完全自殺マニュアル
完全自殺マニュアル (JUGEMレビュー »)
鶴見 済
いわずと知れた名著。どうすれば確実に死ねるのか手段別に網羅されている。逆に言えば、どのくらいなら死なないか、ということも分かるわけで、死にたいと思うけど死にたくない人も読んだ方がいい。あとはカウンセラー志望の人とかも相手の考えを知るという意味で読んどけ。
自殺のコスト
自殺のコスト (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
雨宮処凛著。完全自殺マニュアルと併読お勧め。要するに「どう自殺するのが一番得か?」ということを考えるための本。遺族に迷惑をかけないようにするには、逆に最大限迷惑をかけてやるにはどうすればいいか分かる。随所で著者の見解や本音が吐き出されるので、例によってカウンセラー志望のおせっかいさん向きでもある。
パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)
パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書) (JUGEMレビュー »)
井上 章一
日本の「ズロース」については普通に手に入るものの中で最も詳しいんじゃないかと思える本。本自体は別にズロースに特化したものではなく、明治以降の日本の女性下着事情全般を扱っている。ズロースの構造とかはやはり断片的な情報しかないが、断片的とはいえ戦前の主婦雑誌のコピーなど非常に貴重な情報がある。というか、世間全体としてこの手の情報が皆無であることを考えれば断片的でも十分凄すぎる。全体的な内容も非常に興味深いので、「下着」に学術的?興味があるなら買って損はない。というか買うべき。
X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像
X-ファイルに潜むサイエンス―ミュータント、ウイルス、エイリアンの実像 (JUGEMレビュー »)
アン・サイモン,熊井 ひろ美,中村 雅美
本編より面白いくらいよくできた本。個々の記述は少々時代遅れになっているが、この本の真髄は「科学とは何か」が一発で理解できることにある。
オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい! (JUGEMレビュー »)
三葉
言わずと知れた聖典。女装についての基本的なことが一通り網羅されている。逆にある程度基本を押さえた中級者には何ら真新しいことがないのだが、まぁ表紙の絵は可愛いし聖典だしとりあえずもっとけ。リア女が読んでも結構面白い。